【鬼岩湯元館】日帰り温泉の料金・効能等を紹介!

鬼岩温泉 湯元館瑞浪の温泉
この記事は約4分で読めます。

鬼岩湯元館

鬼岩公園にある温泉の一つ「鬼岩湯元館」です。鬼岩温泉の最も奥、いわみ亭の横にあります。鬼岩公園を散策する方が多く、温泉+ランチのような形で利用するケースが多いのでは?と予想します。

その他の鬼岩温泉はこちら!

特徴と効能

  • 日帰り療養温泉
  • 天然ラジウム温泉「不死鳥の湯」
  • 地下1600Mの深さの井戸からくみ上げられている。
  • 恐竜がいた白亜紀の地層から噴き出すラジウム温泉
  • 浴室は、特殊加工をした畳を敷いている。
  • 湯舟は「フォッサマグナ(土地)」で採掘できる石英片岩を使用
  • 赤外線とマイナスイオン効果を得られる。
  • 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、アトピー等

鬼岩湯元館

料金・営業時間・定休日

  • 料金:大人500円、子供450円
  • 入浴時間(日帰り):平日11時~15時、土日祝11時~16時
  • 定休日:火曜日
  • 電話番号:0120-515137
  • URL: http://oniiwa-yumoto.com/
  • タクシー代金:JR瑞浪駅から片道6,000円、名鉄御嵩駅から3,300円

割引情報

該当なし

周辺観光情報

  • 鬼岩公園
  • 松野湖
  • 花の木ゴルフクラブ
  • 明世カントリークラブ
  • ベルフラワーカントリー倶楽部

鬼岩湯元館の口コミ情報

  • 湯温は42度前後
  • 日帰り500円が良い。
  • 脱衣所からの眺めがよい。
  • 玄関の正面に大きな恐竜がある。
  • ラジウム温泉が良い!
  • うっすら秘湯感がある。
  • 少し古さを感じる。

地図

住所:瑞浪市日吉町9499-13

提供情報:2021年5月1日時点

鬼岩湯元館のレビュー

うん、最初から少しマイナスですね!ホテルの顔である看板近くの手入れが残念です。もう少し木々の剪定等をし、ぼさぼさ感がないようにしていただきたいですね!

鬼岩湯元館

玄関には、大きな恐竜のオブジェがあります。写真中央にあるボタンを押すと動きます。お子さんがいらっしゃる方はお試しください! よく見ると「OYO」のロゴが見えます。たしか東南アジアにいったときによく見たホテルグループです。鬼岩湯元館もその傘下に入ったのでしょうか?

鬼岩湯元館

館内は、絨毯が敷かれており大きなシャンデリアがあります。ライオンの置物などバブル時代の象徴のような建物です。

鬼岩湯元館

大きな化石?も展示されています。と思いきや岐阜の地酒等も並べられており、少し統一感がない印象です。

鬼岩湯元館

温泉は七階にあります。こちらのエレベーターを使います。

鬼岩湯元館

セキュリティボックスがあると思いましたが使えないようです…汗

鬼岩湯元館

浴場近くには、自動販売もあります。お値段も手ごろで助かります!

鬼岩湯元館 鬼岩湯元館

浴場の入り口には、このような物が展示されています。ごめんなさい!何を伝えたいのかよくわからなったです…汗

鬼岩湯元館

男性風呂の着替えをする所です。ソファーとイスが並べられており広いです。屋上にあるので景色も良いですね。ここであれば、お風呂に入る→休憩する→再び入るなどと楽しめそうです。

鬼岩湯元館 鬼岩湯元館

写真の左側にうつる建物は、廃墟です。取り壊すお金が無いのか…汗

鬼岩湯元館

スポンサーリンク

こちらは洗面所です。うーん。はっきりいって汚い。これが印象です。

鬼岩湯元館

100円式のロッカールームがあります。(コインは返却されないので注意)貴重品などは、車内に保管し、入浴料+ジュース代程度をもってくる方が良いと思います。

鬼岩湯元館

こちらがお風呂です。左側がお湯、右側が水風呂です。

鬼岩湯元館

床は、畳?になっています。たしか昼神温泉にも、このような畳風呂があったような気がします。ただ、こちらの畳は、とても……

鬼岩湯元館

お決まりの「リンスインシャンプー」です。この点も残念です。それと、やはり下の畳が気になりますね!正直、この上を歩きたくないです。

鬼岩湯元館

鬼岩湯元館

お湯は無色透明、肌触りも普通です。臭い等も特に感じなかったです。

鬼岩湯元館

サウナルームもあります!

鬼岩湯元館

サウナの中には、このような感じです。少し温度が低めですね!

鬼岩湯元館

お!露天風呂もあると思ったのですが…

鬼岩湯元館

え!……プール?? どう感じるのは自由なのですが…汗

鬼岩湯元館

露天風呂からの景色です。山々に囲まれてリラックスできます。

鬼岩湯元館

総論

このサイトをご覧になる読者に対しては、正直でありたいと思います。なので、今回の湯元館さんについては、再訪はないかな?と思いました。古いことは仕方がないと思いますが、もう少し工夫の余地があると感じました。

私は、海外、国内、地方問わず、様々なホテル、旅館等に宿泊することが多いです。だからこそ、他との相違点がとてもよく見えてしまいます。ぜひ、いい方向に変化されることを願っています。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました