【ローソク温泉】日本最高のラジウム含有量 放射線の効能!?

中津川 ローソク温泉中津川の温泉
この記事は約8分で読めます。

日本で最も高い含有率を誇る温泉があります。中津川市にある「ローソク温泉」です。中津川、恵那両市外から車で30分。非常に山深い所にある「湯治保養温泉」です。巷では「高い
放射線量により癌に効くのではないか!?(効能)」との「」もあります。

2021年3月8より宿泊のみ対応。日帰り入浴は不可!

ローソク温泉

ローソク温泉は、大正13年、名古屋大学医学部教授・林直助博士が、この地でラジウム研究を始めたのが発端となり誕生した温泉。名称のローソクとは、昭和58年秋までローソクの灯をともしていたことが由来となる。なお、教授のラドン研究以前も、古くは武田信玄に追われた落ち武者が、この地で傷をいやしていたともいわれます。

実際、この周辺は、ラドンミストを楽しめる「東山温泉」などもあり、辺り一帯は、ラジウム関係の聖地といっても過言ではないです。また、注目すべき点は、ローソク温泉が位置する場所です。約8万坪にも及ぶ土地の中にポツンと存在し、温泉と大自然の森林浴を同時に楽しめる点が素晴らしいです。まさに「湯治の里」と感じるでしょう。

特徴と効能

  • 静かな山間にある湯治保養泉
  • シャンプーやリンスなどは使用禁止。
  • 一般的な温泉のイメージとは全く違う。
  • 一号泉~七号泉まで有り。
  • 一号泉はラジウム含有量日本ナンバーワン
  • 一号泉は、飲泉可能。さらに中津川市の文化財に指定されている。
  • 泉質:単純放射能冷鉱泉(ラジウム含有量は日本国内ナンバーワン)
  • 一般的適応症:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、間接のこあわばり、うちみ、くじき、慢性消火器病、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
  • 泉質別適応症:痛風、胆石症、慢性皮膚病、慢性婦人病、動脈硬化、高血圧症
  • 飲用の適応症:慢性消火病、神経痛、筋肉痛、関節痛、痛風、胆石症
  • ホルミシス効果アリ
  • 加温、加水、泉質・放射能泉
  • 温泉というより治療目的で使う所
  • 環境省の定義による療養泉に該当
  • 景色が良い
  • 活性酸素除去酵素、免疫バランスを整える
  • 浴槽が小さい点がマイナス評価
  • シャンプーの使用は禁止(日帰り入浴者)

料金・営業時間・定休日

  • 料金:大人1000円、子供400円、幼児200円
  • タオル=200円
  • 入浴時間(日帰り):9時30~15時(受付1時間前まで)
  • 定休日:1日、21日。ただし、日曜祝日の場合は営業
  • 電話番号:0573-72-5047
  • URL: https://www.rousoku-onsen.com/
  • 注意事項:シャンプー系の使用に注意
  • タクシー代金:JR中津川駅→片道6,000円、JR恵那駅→片道4,500円
  • 無料駐車場60台
  • 混浴風呂:なし
  • 露天風呂:なし(内湯のみ)
  • 周辺の山々をめぐる散策コースもあり!

割引情報

中津川 ローソク温泉

ローソク温泉の料金は、大人1000円、子供400円、幼児は200円です。13時以降の入浴の場合は、930円と割引価格が適用されます。また、中津川市内に就労等をしている方が加盟する「ジョイセブン」のカードを提示すると、1割引きが適用されます。

その他の割引システム(JAF割引や26日(風呂の日)などはないです。

  • 13時以降割引 大人930円になる。
  • 東美濃パスポートで半額
  • ジョイセブン割引:大1150円、子供300円、幼100円
個室付きプラン

一日ゆっくりと湯治を楽しみたい方は、2500円~で個室を手配できます。(上限3名)それ以上は、一人につき500円追加。

定休日

定休日は、毎月1日、21日(但し、これらの日が日曜や祝日の場合は営業します。)

ローソク温泉の口コミ情報

*ネット上に投稿されている個人の「感想」です!

  • 日本一鉱泉が多い温泉
  • 湯治をするなら最高
  • 周りには一切何もない。まさに陸の孤島
  • 観光目的の入浴より病気を治す目的で来る方が多い印象
  • 体がぽかぽかして汗が噴き出てきます。
  • 一般客として訪れると少し邪魔者扱いを受ける。(印象)
  • 短時間の入浴で体の芯まで温まる。
  • お湯は無色透明だから本当に効果があるのかわからない。
  • 常連ブル客がうっとうしい。
  • 気軽な温泉気分で行かない方が良い。
  • シャンプー等は使用できない。

最寄の観光情報

  • 恵那峡
  • 恵那峡カントリークラブ
  • 明智ゴルフ倶楽部 ひるかわゴルフ場
  • ユーグリーン中津川ゴルフ倶楽部

ローソク温泉の体験レポート

2020年8月現在、コロナの影響により、日帰り温泉は「予約制」です。特に大型連休に行こうと考えている方は、0573-72-5047に電話をして予約をした方が良いと思います。

温泉には、60台ほどを停められる駐車スペースがあります。

中津川 ローソク温泉

正面には、歴史を感じる石塔があります。受け付けは、写真左側の建物です。

中津川 ローソク温泉

敷地内には、意外に良心的な飲料水もあります。

中津川 ローソク温泉

入浴後に楽しむ「飲泉用」のカップです。このカップに二杯まで飲めます。(一日の上限摂取量)

中津川 ローソク温泉

浴場です。向かって左側が女性用、右側が男性用です。

ローソク温泉

女性用のお風呂の隣に貴重品ロッカーがあります。脱衣所には、カゴしかないため、貴重品は必ずこのロッカーに入れましょう!

中津川 ローソク温泉

中津川 ローソク温泉

こちらが無料休憩所です。飲泉する場所は、無料休憩所の右方向にあります。

ローソク温泉

池にはたくさんの鯉がいます。

中津川 ローソク温泉

畳でゴロリとできます。

中津川 ローソク温泉

温泉敷地内には、沢などもあり、森林浴も楽しめます。

  • 春/こぶし、まんさく、山つつじ、山桜
  • 夏/なんじゃもんじゃ、笹ゆり、紅どうだん、山ぼうし、岩石採集(水晶・トパーズ)、源氏ボタル
  • 秋/紅葉
  • 冬/体の芯まで温まるラドン

情報:ローソク温泉のパンフレットより

中津川 ローソク温泉

脱衣所の様子です。

中津川 ローソク温泉

かごしかないです。

中津川 ローソク温泉

スポンサーリンク

心得もしっかりと読みましょう!

中津川 ローソク温泉

ローソク温泉の入浴方法

ローソク温泉の入浴方法は、次の通りです。

  1. シャワーを浴びる
  2. 二号泉ラジウム浴槽に入る。(時間は3分~5分ほど)
  3. ラジウム一号泉に入力(時間は3分~5分ほど)
  4. 1号と2号あわせて10分程度で終了させる。その後、一時間~1時間30分ほど休憩する。
  5. 上記1~4を一日、2回~3回繰り返す。
入浴時の注意点
  • 石鹸、シャンプー等は使用禁止。
  • 飲泉は指定の紙コップを使う。
  • 一回に紙コップ1杯程度、一日360ccまでにする。(指定紙コップ2杯)
  • 飲むタイミングは、入浴後や食後が効果的
  • 15歳以下は飲泉不可
  • 飲泉所からの温泉の持ち出し禁止

こちらが湯舟です。左が二号、右が一号です。どちらも大人が三~四人入ると一杯です。最初に左の二号(ぬるい)に5分ほど入ってから、右側の一号(熱い)に入ります。

お湯は無色透明、無臭、肌触りも普通です。「見た目の温泉」という感じは受けにくいようです。

中津川 ローソク温泉

中津川 ローソク温泉

窓からは緑が見えます。

中津川 ローソク温泉

ご覧の通り、洗い場はシャワーがあるのみです。石鹸やシャンプーはないですね!約10分間の入浴にチャレンジしてみましたが、この10分が意外に長いです。おそらく、普通の人は、この1セットだけでもかなり満足すると思います。

中津川 ローソク温泉

入浴後は、飲泉場に向かいます。飲泉場は、無料休憩所の右側にあります。

中津川 ローソク温泉

この蛇口をひねると温泉が出てきます。ペットボトル等で持ち帰りができないように?地面とスレスレの位置に蛇口があります。(コップしか入らない程度)

飲泉に関する情報:2020×10-10キュリー マッヘ単位556(日本一位)ミネラルも豊富、中津川市の文化財にも指定されている。

中津川 ローソク温泉

紙コップに入れた物がコチラです。あまり癖がないためゴクゴクと飲めます。

中津川 ローソク温泉

中津川 ローソク温泉

中津川 ローソク温泉

中津川 ローソク温泉

敷地内には、東屋等もあります。小鳥のさえずり等も気持ちが良いですね!

中津川 ローソク温泉

もう一度、鯉を眺めて退散!バイチャ!

中津川 ローソク温泉

ローソク温泉の効果や口コミ

ローソク温泉に関する口コミをいくつかピックアップしてみます。

良評価
  • 良くも悪くも湯治専用の場所
  • ホルミシス効果で内部から染みる感じ
  • 飲泉でとても気分がよくなった。
  • 全身でラジウムを感じられる気がする。
  • 無料休憩所が良い。
  • 入浴後、すごく疲労感が!
  • 湯治としていくならここは非常に効果を期待できる。
悪評
  • 無色透明で無臭だから効果がわかりくい。
  • 入浴方法がわかりずらい。
  • 常連が幅を利かせている。
  • 石鹸もシャンプーも使えない。
  • 石鹸で体を洗えないのが残念
  • 少し浴槽が狭い。
  • 従業員の態度が良くない。

私自身の感想を交えて評価を見ると、やはり「観光温泉」としてきた人には、少し悪評がつきやすく、一方「治癒目的」の方には、評価が高い所だと思います。私は、大自然、飲泉、入浴後のぽかぽか感、無料休憩所などを考えて、総合的に良いと感じました。

ただ、もう少し「顧客目線」になると、もっと素敵な温泉になるのか?とも思います。

ローソク温泉 アクセス情報

  1. 中津川駅→ローソク温泉
  2. 恵那駅→ローソク温泉
1.中津川駅→ローソク温泉

ローソク温泉への公共交通機関は、ほぼないです。基本的に「自動車」での移動を前提です。中津川市内から15km、約25分ほどで到着します。もし、鉄道やバスなどでお越しになる場合は、次の選択肢があります。

  1. JR中津川駅で下車→中津川市のコミュニティバス(福岡線の若山行)に乗る
  2. 中津川駅からタクシーを使う。

少しでも安く移動したい方は、中津川市が運行するコミュニティバスを利用します。行先は、福岡線の「若山」バス停です。この方法は、片道200円で移動できる一方、運行本数や若山バス停から徒歩で1.5kmほど歩く必要があります。

移動費用はきにならない。少しでも快適に移動したい方は、中津川駅からタクシーを利用してください。タクシー会社にもよりますが、片道約6000円前後です。

2.恵那駅→ローソク温泉

恵那駅や美乃坂本駅方面から自動車でローソク温泉に行く場合は、11km、約20分です。実は、中津川駅より、恵那駅を利用した方がローソク温泉に近いです。恵那駅からタクシーを使う場合は、片道4500円です。

ローソク温泉は、非常に山の中にあり、最寄りのバス停からも離れています。宿泊者は、送迎対応していますが、日帰り入浴の方は、自家用車又はレンタカーを使うことを強くお勧めします。実際に行くと、この意味がとてもよくわかります。非常に山間部にあります。

地図

住所:中津川市高山2200-2

提供情報:2021年5月1日時点

スポンサーリンク


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました