【くつかけの湯】天燃ラジウム鉱泉×薪香りの日帰り温泉

くつかけの湯中津川の温泉
この記事は約4分で読めます。

中津川/くつかけの湯

特徴と効能

  • 効能:神経痛、リューマチ、痛風、貧血、切り傷
  • 個人宅を開放?しているかのような外観
  • 景色が良い。無色透明
  • 薪で沸かすため、お湯が柔らかい
  • リュウマチ・神経痛など
  • 風呂はとても小さい(男女混浴向き)

料金・営業時間・定休日

  • 料金:大人500円、子供300円
  • 入浴時間(日帰り):9時~21時
  • 定休日:無休
  • 電話番号:0573-75-4866
  • URL: http://257.nakakita.or.jp/kutukake/
  • 注意事項:浴室は一つしかないです。積極的に日帰り温泉を提供していません。地元の人に口コミで愛されるお店を目指しているそうです。必ず電話での確認が必要です。

割引情報

風呂の日を含めて一切の割引はなし。

くつかけの湯の口コミ情報

*ネット上に投稿されている個人の「感想」です!

  • ラジウム鉱泉で体がポカポカする。
  • 民家を少し拡大したような施設です。
  • 平日にいけばのんびりと使えます。
  • 先客との兼ね合いがあるので、行く前に電話をした方が良いかも
  • 浴槽は最大で三人程度。一つしかないので貸し切りで利用できる。
  • 冷泉で薪で沸かす温泉です。

くつかけの湯リポート

くつかけの湯は、中津川市の中心部から自動車で約30分、片道20キロほど走った山間部にあります。「中津川」と聞き、市内の中津川と同じ距離感では、かなりズレを感じるためご注意ください。同じ中津川でも坂下町や夕森公園などの山間部方面にあります。

くつかけの湯までの道は、山間部の割に比較的しっかりとした道路でつながっているため、特に運転等に困ることはないと思います。ただ、くつかけの湯の手間、約500mくらいから、少し道路が細くなり、急になる部分があるので、冬季は注意をした方がいいです。

少し細めの道を登っていくと、左手に下の看板が見えてきます。

くつかけの湯

上の看板が見えたら、右方向にみます。この一軒家が今回ご紹介する「くつかけの湯」です。温泉施設というより、普通の家?のような第一印象です。戸惑いながらも民家の方向に車を走らせます。

くつかけの湯

すると、右側のこのような空き地があります。ここが駐車場です。おそらく、少し小さめな車であれば、縦に二台はいるかどうかのスペースです。

くつかけの湯

玄関には、大きな看板があり「くつかけの湯」と書かれています。

くつかけの湯

いいですね~!玄関に入ると感じる、この「古さ」、何とも言えない古民家の「味」があります。どこか懐かしい、おばあちゃんの家に帰ってきたようです。ほっとなごみます。それと、車から降りたときに感じる「薪の香り」もとてもいいです。

「こんにちは~」と声をかけると、中から女将さんが出てきます。そこで日帰り温泉に入りに来た旨を伝えてお金を支払います。

くつかけの湯

沓掛鉱泉・湯温度11度

浴室の温泉表です。源泉名は「沓掛鉱泉」、泉温は11度のことです。なるほど!温泉の温度が低いので、それを薪でわかしているのですね!

くつかけの湯

くつかけの湯

スポンサーリンク

脱衣所の様子です。こちらのお湯は、貸し切りになっている(内側からカギをかけられる)ため、脱衣所や湯舟などは、落ち着いて使えると思います。

くつかけの湯

くつかけの湯・湯船

少し小さめです。カップルやご夫婦などの二人組や、3~4人程度の家族等で利用するには、ちょうどいい大きさだと思います。お湯は、少しぬるめ、無色透明、肌感覚は普通です。薪で沸かしている分、少しだけ「やわらかい?」印象です。

くつかけの湯

しっかりと手すりがついているため、お体が不自由な方も利用しやすいです。また、湯舟は「二段階」の深さになっており、浅い所と深い所を交互につかることで、長い時間、温泉を楽しめます。

くつかけの湯

リンス、シャンプー等は別々です。とても良心的なセットです。

くつかけの湯

外に出てみると、薪が積まれています。

くつかけの湯

こちらのストーブで沸かしています。この釜も味があっていいですね!

くつかけの湯

以上、くつかけ温泉のレポートでした!薪風呂が好きな方は、ぜひ、行ってみてください。ちなみに、薪風呂といえば、恵那市にある「花白温泉」も有名です。

利用上の注意点

くつかけの湯は、貸し切り風呂になっているので、来る前には、電話等をした方が良いと思います!

地図

住所:中津川市上野141-6

提供情報:2020年7月17日時点

スポンサーリンク


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました