東濃 / とうのう温泉ガイド

岐阜・東濃の日帰り温泉

東濃地区の日帰り温泉情報(料金、営業時間、特徴など)をご紹介しています。地区別、特徴などから希望する温泉を選べます。

新着記事
【中津川】すやの甘味処・喫茶の榧 かやで栗しるこ&栗白玉等
白骨温泉の公共露天風呂を体験 石灰と硫黄が絶妙な白濁湯を楽しむ
東濃地区(中津川・恵那・瑞浪・土岐・多治見)の入湯税

 

日帰り温泉を探す

温泉の「市区町村」で探す。

温泉の「特徴」で探す。

温泉を「地図」で探す。

東濃地区の日帰り温泉施設を表示します。各アイコンをクリックすると、温泉名がわかります。吹き出し上の「ルート」をクリックすると、その場所を目的地としてグーグルマップを起動できます。

「現在地」から検索

現在地(東濃地方の主要スポット)から、最寄りの温泉は次の通りです。

現在地日帰り温泉
アウトレット(土岐)よりみち温泉、柿野温泉 あさひ荘、バーデンパーク曽木
恵那峡/恵那駅/博石館恵那峡国際ホテル、恵那峡グランドホテル
銀の森(恵那市)恵那峡国際ホテル、恵那峡グランドホテル、かんぽの宿
妻籠宿・馬籠宿(中津川)ホテル木曽路、ホテル富貴の森、床波荘
19号線から近い(多治見/瑞浪)白狐温泉(今井屋)
駅周辺(多治見/花白駅)くれたけインプレミアム多治見、花白温泉(花白温泉駅)
化石博物館(瑞浪)白狐温泉(今井屋)、鬼岩温泉(了山、いわみ亭、鬼岩湯元)、よりみち温泉
恵那山(恵那)クアリゾート湯舟沢、昼神温泉
すや(中津川)クアリゾート湯船沢、恵那峡国際ホテル、恵那峡グランドホテル
織部ストリート(多治見)、モザイクタイルミュージアム、永保寺天光の湯、柿野温泉(八勝園、あさひ荘、つる屋、オウメイソウ)
織部ヒルズ(土岐)鬼岩温泉、よりみち温泉、天光の湯
曽木公園(土岐)バーデンパーク曽木、八勝園、あさひ荘、つる屋
らっせいみさと(恵那)ささゆりの湯、花白温泉
瑞浪駅(瑞浪)白狐温泉(今井屋)、稲荷温泉
大正村(恵那)、キノコ列車花白温泉、ささゆりの湯(車必須)
岩村城岩村山荘、花白温泉

東濃の主な温泉地とは?

東濃地方の主な温泉地は、恵那峡木曽川南エリア、恵那峡木曽川北エリア(強力ラドン地帯)、鬼岩周辺、柿野だと思います。中津川と長野の県境方面であれば「昼神温泉」などもありますが、東濃の枠組みからは除外しています。

  1. 恵那峡木曽川南エリア
  2. 恵那峡木曽川北エリア
  3. 鬼岩温泉
  4. 柿野温泉

1.恵那峡木曽川エリア

恵那峡温泉は、遊覧船で有名な恵那峡界隈にある温泉地です。特徴は「ラジウム源泉」です。木曽川を軸にして北側がラジウム源泉、南側が塩分濃度が濃い温泉を楽しめます。恵那峡温泉特集

2.恵那峡木曽川エリア

湯治で有名なローソク温泉があるエリアです。

3.鬼岩温泉

瑞浪市と御嵩町にある「鬼岩温泉」です。ひと昔前は「松野湖」の繁栄により、大変にぎわった場所です。鬼岩湯元館を中心にいくつかの温泉があります。ただし、旅館タイプが多いため、日帰り温泉が可能かを確認することをお勧めします。鬼岩周辺には、穴場の有名店もあります。

1.Ryo-an
2.ラ・プロヴァンス

どちらのお店(カフェ)も大自然に囲まれるようにポツンとあるにも関わらず名古屋方面から多くのお客さんが訪れます。特にラ・プロヴァンスのケーキは「午前中に売り切れること」が多いため、ご注意下さい。ちなみに、鬼岩温泉には、「穴くぐり」と呼ばれる巨岩の下を通り抜ける肝試しスポットがあります。ぜひ、温泉と合わせてお楽しみ下さい。鬼岩温泉特集

4.柿野温泉

柿野温泉は、土岐プレミアムアウトレットに訪れた方に便利です。場所は、アウトレットから南の方角、豊田方面に進んだところにあります。一体はいくつかの温泉宿があり、日帰り入浴を受け付けています。「八勝園」さんのジャングル風呂などの珍しい温泉もあります。

土岐アウトレット近くの温泉

土岐アウトレットは、多治見市と土岐市の間の小高い山の上にあるため、 土岐市街、多治見市街から離れています。しかし、多治見、土岐、瑞浪の中央にあるため、東西南北、どちらの方向にもアクセスしやすいのが特徴です。

アウトレットから最も近い温泉は「よりみち温泉」です。テラスゲート土岐の一角にあり、アウトレットから車で3分ほどです。ショッピングに興味がない男性陣は、この温泉に入って待つのも一つです。以下の記事で土岐アウトレットからの方面別の解説記事があります。

土岐アウトレットの近くにある温泉 方面別・所要時間付き!

東濃のキャンプ場近くの温泉

多治見
  • 三の倉市民の里→天光の湯
  • 八曽の里キャンプ場→三峰の湯
土岐市三国山キャンプ場→柿野温泉バーデンパーク
恵那市
中津川

日帰り温泉までのタクシー料金例

JR中央線の各駅、名鉄御嵩駅などから各日帰り温泉までのタクシー代金(片道)は、次の通りです。(2020年1月現在の参考価格)

駅(JR中央線又は名鉄線)宿とタクシー料金(片道)
中津川駅
  • ランプの宿 14000円
  • おんぽいの湯 9800円
  • 東山ラジウム温泉 5600
  • クアリゾート 3300円
  • ローソク温泉 6000円
  • 岩寿荘 5900円
恵那駅
  • ローソク温泉 4500円
  • 岩寿荘 5000円
  • かすみ荘 5200円
  • かんぽの宿、恵那峡グランド 1800円
  • 花白温泉 6000円
  • ささゆりの湯 12000円
  • 恵那山荘 4900円
瑞浪駅
  • 今井屋 2500円
  • 稲荷温泉 2000円
  • いわみ亭、鬼岩湯元、了山 6000円
  • バーデンパーク 5400円
御嵩口駅
  • いわみ亭、鬼岩湯元、了山 6000円
土岐市駅
  • いわみ亭、鬼岩湯元、了山 3300円
  • バーデンパーク 6200円
  • 鶯鳴荘、八勝園、つる屋、あさひ 6000円前後
  • よりみち温泉 1800円
多治見駅
  • 天光の湯 1800円

東濃とは?

東濃とは、岐阜県南東部に位置する5市です。名古屋方面から、多治見、土岐、瑞浪、恵那、中津川の順に並んでいます。国道19号線、JR中央線、中央道、東海環状道等の交通機関の関係から、名古屋市との結びつきが強い地域です。(県庁の岐阜市との関係は非常に薄い)

又、東濃には、西部と東部があります。西部は、多治見、土岐、瑞浪の3市。東部は恵那と中津川の2市です。西部地区は、名古屋への通勤者が多く、東部方面は、工業団地や観光地が多いです。どちらもJR中央線で名古屋駅とつながっています。ちなみに、西部の多治見市と東部の中津川市は約50km以上も離れいます。

タイトルとURLをコピーしました